HOME  >  Column >  合同会社について考える

合同会社について考える

合同会社について考える

近年、株式会社から合同会社へ移行した会社があります。2006年5月に新会社法が施行されて間もなく、大手外資系の改組が続いてます。

◆合同会社への変更

2007年2月 旧)マックスファクター株式会社
新)P&Gマックスファクター合同会社
2009年1月 ユニバーサルミュージック合同会社が
ユニバーサルミュージック株式会社と合併
新)ユニバーサルミュージック合同会社
2009年10月 旧)株式会社西友
新)合同会社西友

3つとも外国法人です。
こういった外国法人が合同会社を選択する理由を考えてみました。

◆合同会社は会計監査人監査が不要

税務会計の側面から見ると、株式会社から合同会社へ組織変更することの大きな効果は、金銭面及び事務面での大幅なコスト削減です。

株式会社では、資本金5億円以上又は負債合計額200億円以上の場合、公認会計士又は監査法人による会計監査人監査義務付けられています。
しかし、合同会社の場合、資本金にかかわらず会計監査人監査の必要がありません。

ユニバーサルミュージック合同会社の資本金は295億200万円。合同会社に改組することにより、監査を行わなくて済むようになります。

◆決算公告も義務ではない

さらに株式会社では 、決算期ごとに決算の数字を公表すること(決算公告)が義務付けられています。
通常、「官報」と呼ばれる日本の国が発行している新聞のようなものに決算書類を掲載することになるのですが、この掲載には1回あたり最低でも約5万円がかかります。
決算は毎年あります。つまり掲載料も毎年発生します。中小企業にとっては見過ごせない費用です。

しかしながら、合同会社では決算公告の義務もありません。

ページ: 1 2 3